本規約は、株式会社SmartStudy(以下「SmartStudy」)と、SmartStudyが運営・提供する「SmartStudy」の利用条件を定めることを目的としています。

第1条 定義

  1. 「本サービス」とは、SmartStudyが提供、運営する学習状況管理サービスの「SmartStudy」のことをいいます。
  2. 「利用者」とは、本サービスの一部または全部を利用する者のことをいいます。
  3. 「利用者データ」とは、利用者からSmartStudyに提供された個人情報以外の情報のことをいいます。
  4. 「知的財産権等」とは、著作権、実用新案権、特許権、商標権その他一切の知的財産権のことをいいます。

第2条 規約への同意・変更

  1. 利用者は、本サービスの利用を開始した時点で、本規約に同意したものとみなされます。
  2. SmartStudyは、自己の裁量で本規約の内容を変更することができます。変更の効力は、変更内容が反映された本規約が、利用者が確認可能な状態に置かれることを条件として、SmartStudyが別途定めた効力発生時に、発生するものとします。
  3. 利用者は、SmartStudyが本サービス内で利用者に行った指示に従うものとし、当該指示の内容は本規約の一部を構成するものとします。

第3条 登録情報及びID・パスワードの管理

  1. 利用者は、本サービスへの利用登録を行うに際して、真実かつ正確な情報をSmartStudyに提供しなければなりません。
  2. 前項の情報に変更が生じた場合、利用者は、SmartStudyに対して速やかにその変更内容を通知し、または、所定の方法により情報を更新しなければなりません。
  3. 利用者は、SmartStudyから付与されたID・パスワードを、自己の責任で管理しなければなりません。
  4. 利用者は、SmartStudyから付与されたID・パスワードを、第三者に貸与・開示・漏洩してはなりません。
  5. SmartStudyは、SmartStudyの責に帰さない事由によりIDまたはパスワードが第三者に貸与・開示・漏洩されたことにより、利用者に生じた損害を賠償する責任を負いません。

第4条 本サービスの利用対価

  1. SmartStudyは、本サービスの全部または一部について、利用対価及びその支払い方法・条件を、自己の裁量で設定することができます。
  2. SmartStudyは、本サービスについて、利用対価の支払いが必要になる場合には、利用者に対して事前に、対価の額またはその計算方法及び支払い方法・条件を明示するものとします。

第5条 知的財産権

本サービスに係る知的財産権等は、SmartStudyまたはSmartStudyの認める第三者に帰属します。また、利用者が本サービスを通じてSmartStudyに提供した情報に係る知的財産権等は、SmartStudyに帰属するものとします。

第6条 個人情報

  1. SmartStudyは、本サービスを通じて、利用者の氏名、年齢、性別、住所、メールアドレス、電話番号等の個人情報を取得します。
  2. SmartStudyは、利用者から取得した個人情報を、下記の目的で使用します。本サービスを提供すること
  • 本サービスを提供すること
  •  利用者に本サービスに係る各種情報を提供すること
  • 利用者にメールマガジンその他の方法で広告を配信すること
  • アンケート・調査を実施すること
  • 本サービスの改善を行うこと
  • 利用者に対して、本サービスを含めた、SmartStudyが企画・運営・提供するサービスの営業を実施すること
  • マーケティング・市場分析のための基礎資料とすること

3. 利用者は、第三者の個人情報を本サービスに入力する場合、当該個人情報の取得・入力・利用目的の通知・管理体制等について、個人情報保護法等に定められた所定の手続き及び義務を遵守する責任を負います。

4.SmartStudyは、取得した個人情報を、個人情報保護法等の法令に基づき適正に管理します。

第7条利用者データの利用

  1. SmartStudyは、利用者データを、本サービスの提供、新規サービスの企画、マーケティング、データ分析、その他の目的で利用することができます。
  2. SmartStudyは、利用者データを、第三者に提供することができます。
  3. SmartStudyは、利用者データを、自己の裁量で、変更・破棄することができます。ただし、SmartStudyは合理的に可能な範囲で、利用者に対して変更・破棄の対象となる利用者データおよび変更・破棄の目的を通知するものとします。

第8条禁止事項

  1. 利用者は、本サービスを利用するにあたって、下記各号に定める行為を行ってはなりません。
  • 本規約に違反する行為
  • 法令または公序良俗に反する行為
  • 本サービスの運営を妨害する行為
  • リーバスエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル及びこれらに類似する行為
  • 本サービスに虚偽・不正確な情報を提供する行為
  • 本サービスに係る情報の全部または一部を、SmartStudyが許諾した以外の方法で、複製、転載、翻案、出版、販売、頒布、展示、公衆送信等すること
  • その他、SmartStudyが不適当であると判断した行為

2.SmartStudyは、利用者が上記の行為を行い、または行うおそれがあると判断した場合、当該利用者による本サービスの全部または一部の利用を、直ちに停止することができます。

第9条免責

SmartStudyは、下記各号の事項を保証しません。

  • 本サービス上の情報が真実かつ正確であること
  • 本サービスが、利用者の利用目的に適合していること
  • 本サービスにバグまたはエラー等の欠陥がないこと
  • 本サービスが安定的かつ継続的に利用可能な状態に置かれること。ただし、SmartStudyは、これが実現するよう、商業的に合理的な努力を行います。

第10条本サービスの改善・変更・提供停止について

  1. SmartStudyは、自己の裁量で本サービスの内容を改善・変更し、また、その全部または一部の提供を停止することができます。この場合、SmartStudyは合理的に可能な範囲で、利用者に対してこれを事前に通知します。
  2. SmartStudyは、前項の改善・変更・停止により利用者に発生した損害を賠償する責任を負いません。

第11条損害賠償

SmartStudyは、本規約に別途の定めがない限り、SmartStudyに故意または重過失があった場合のみ、これにより利用者に生じた損害を賠償する責任を負います。ただし、損害賠償額は、利用者がSmartStudyに対して、当該損害賠償の原因となる事象が生じた時から遡って6ヶ月間の間に支払った利用料その他の対価の合計金額を超えないものとします。

第12条準拠法及び合意管轄

本規約は、日本法に準拠して解釈・適用されるものとします。また、本サービスの利用に関して、SmartStudyと利用者間に生じた一切の争訟の第一審の専属的合意管轄裁判所は、東京地方裁判所とします。

2018年3月5日 施行